カテゴリー: 未分類

患者数が増加している前立腺癌の主な症状と治療法について

前立腺は男性特有の生殖器で膀胱の真下にあり、主な働きとしては前立腺液の分泌で精嚢から分泌された精嚢液を精巣で作られた精子と混ぜることで精液を作る他に、尿の排泄機能なども担っています。この前立腺に関してですが日本では高齢化に伴って前立腺癌と診断される患者の数は増加しているのです。

前立腺癌は初期の状態だと自覚症状も無く、見付かるきっかけとしては健康診断やがん検診で行われているPSA検査であることが多いです。しかし、PSA検査を受ける機会がなく初期の状態から癌が大きくなると、尿道が圧迫されることで尿の出が悪くなる排尿障害や残尿感といった症状が現れます。更に癌が膀胱や尿道まで広がると尿や精液に血が混じることがあります。

前立腺を早期発見する手段としてはPSA検査が最も有効的で基準値より高く検査結果が出た場合には、直腸診・MRI検査・超音波検査といった精密検査が行われます。そして、精密検査によって前立腺癌であることが疑われる場合には前立腺の組織を針生検にて採取して前立腺癌の有無を確定診断させます。

前立腺癌の主な治療法には手術療法・放射線療法・ホルモン療法の3種類があり、前立腺癌の進行具合や癌の悪性度・患者の年齢や体力等が総合的に判断されて治療法が決まります。手術療法は主に年齢が若く癌の転移の無い患者に実施されることが多く、根治を目指して前立腺全摘出を行うことで癌を全て全て取り除きます。

そして、前立腺を全て取り除いたとしても生殖機能に影響はありません。次に放射線療法に関しては癌が精嚢以外の他の臓器に浸潤が無い全ての患者に有効な治療法で、体外から放射線を照射する外部照射と、前立腺に直接放射線の出る小さな粒状の容器を埋め込む小線源療法の2種類が挙げられます。そして最後にホルモン療法となりますが、ホルモン療法は前立腺癌の成長に関係している男性ホルモンの産生を抑える治療法で、精巣を手術で摘出する方法の他に注射剤を定期的に用いることで科学的に去勢された状態を作り出す方法があります。

No Comments Categories: 未分類

車を廃車するときは業者によっては買い取ってくれます

2016-07-10_163704

一昔前までは、車を廃車するときは近所の解体屋に持ち込んでお金を相当額払って処分したもので、其れも更に廃車処理の手数料なども取られたものっです。

しかし、今時に車を廃車しようと思うとき、完全に廃車にしてしまうには勿体無いし当たらないとも言われます。それは、素人が判断して、最早、この車には価値が無い、と思っていても実は走る性能や車検などを除外視すると、車の状態や内装品によっては、可也の価値が残っているとも言われます。

先ずこのような時は、新しく乗り換える為の購入先で、廃車・ポンコツにする前に近所に有る中古車屋さんか車の買取屋さんに持っていって、査定してもらいましょう。案外、予想外の査定額が出てくるかも知れません。

最近、住宅に近所や国道沿いには、テレビなどでCMを流している大手で全国的に展開しているチェー店の買取業者さんも数店見受けられます。 又、旧来の中古車屋さんも、一寸出かけると大抵はどこかにあり、又、市の郊外には沢山あります。車を廃車、又は処分しようとしている時は、先ず、数軒の業者さんに乗り入れて査定してもらいましょう。

業者さんによっては買取り可能であり、しかも価格が結構高くなったり、低くなったりとバラツキも出てくることもあり、この時は是非高値で買取ってもらいましょう。一寸年式など古くなっても、外見がしっかりとして特別大きなキズも無い様なら、予想外の値段がつく場合も有ります。こうなると少々でも高値で買ってくれる処に売却しましょう。その方が大いに得しますよね。

又、最近ではネットでもって、一括査定というのも行なっているようです。例えば、車の査定という空欄にメーカー名や車の種類、それに年式や走った距離等を記入すると、更に、自分の連絡先である情報やメールを書き入れると、メールの受信確認とともに自宅へ連絡が入り、了解すると業者が自宅まで来てくれて、車を見ながら査定してくれます。

この時、何社かの買取業者がやってきますので、ここでも買取の価格の上下が発生します。

 

愛車の一括査定を申込む前に準備しておく事とは?!

TVやラジオ、車関連のホームページで見たことが有ると思います

『あなたの愛車は、今幾ら?!』的な広告ですが、、、

実は、自動車の一括査定は何も考えずに登録すると、大変な事になってしまいます。

心構えから、一括査定の醍醐味と言える、愛車を高く売却する秘訣まで、こっそり教えちゃいます。

1一括査定サイトに申込みする前に

基本的には、車を売却したいと思った時に一括査定に申込むのですが、車を売却したい時とはどんな時か?

売却動機は、大きく分けて3つです。

1乗り換えで売却

2乗らないので売却

3転勤や引越しで持っていけないので売却

細かく言うと、ローンが支払えない、所有者が亡くなった等ありますが、売却動機の大半は、上記の3つの理由になると思います。

では、一括査定を申込む前の重要なポイントですが、

買取店に売却する意思は有るのか?

下取りよりも買取店が高いと言う事は、最近では常識になっていますが、世の中の大半の方は、買取店を利用した事が無いと言われています。

一括査定では、買取店の営業マンを何人も相手にします。

今まで、ディーラーに下取りに出していた方は、もう一度お考え下さい。

売却時期はいつか?
買取店寄りの発言になりますが、いつ売却出来るか今一度確認して下さい。

車の買取価格を算出するにあたって、車の流通相場を考えます。

いつ売却出来るか分からない場合、金額の提示のしようがありません。

買取店と話せる時間が有るか?
一括査定を申し込むと、2~10社近くの買取店から電話やメールが次々と有ります。

売却動機・売却時期・お車の内容確認・アポイント等、聞かれます。

仕事前や忙しい時などは、申し込まない方が良いです。

是非、お休みの時に申し込んで下さい。

準備一括査定を申込む前に、まずはお車の内容を確認しましょう。

1車検証を手元に用意する

2走行距離をメモする

3お車の装備を確認する

4セールスポイントを出来るだけ用意する

ちょっと話が反れますが、、、車の買取店は、車を買取る事はお分かり頂いていると思います。

しかし、同じ買取店に見えても、実は買取る目的が違っています。

分かりやすく説明すると、

ディーラー系の買取店自社メーカーの車を買取って、中古車部門に持っていきます。

逆を返すと、他社メーカーの車は、大半は業販しています。

オートオークション系の買取店自社のオートオークションの出品車を集めています。

上場企業が大半ですから、出品台数を落とせない理由もあって、買取した車の大半が、自社オートオークションで業販しています。

中古車販売店系の買取店オートオークションから仕入れも行っているが、直接ユーザー様から買取をしています。

中古車販売店の仕入れの窓口として運営しています。

なぜここで買取店の話をしたのか?

理由は、同じような買取店に見えても、中身が違っているからです。

話を戻しますが、車の内容を確認する事をお願いしましたが、車の内容次第では、得意・不得意が存在すると言うことです。

簡単に言うと、外車専門店→○外車△国産車

軽専門店→○軽自動車△普通車×外車

中古車販売店→○綺麗な車△改造車×粗悪車

未使用車専門店→○高年式△2~3年落ち×低年式車

スポーツカー専門店→○スポーツカー×ファミリーカー

もちろん、全部が全部当てはまりませんが、買取店にも得意・不得意がある事だけここではお分かり下さい。

車の内容を確認する事で、一括査定を申込む際に細かい内容を入力出来て買う側の買取店にアピール出来ます。

また、オートオークション系の買取店は、業販目的の買取が中心ですので、軽自動車~外車、トラックまで何でも買取ります。

専門店の様な、オプションの評価アップが少ない反面、不人気色や内外装のキズ・凹みの状態での評価マイナスが少ないです。

出来るだけプラスになる様なアピールポイントを入力して、高く売却する事を目指しましょう!!

※一括査定を申し込まれたお客様で入力された内容では、「平成○年○月にタイヤ交換済み」だったり、「オイル交換は、○千キロ毎で交換していました」とか、
「雨天時、未走行」とかですかね。

禁煙車やタイミングベルト交換済みなどは結構多いですよ。

3実際に査定をしてもらう

一括査定を利用した事がある方は、ご存知だと思いますが、入力した途端に、買取店から電話とメールが多数あります。

仕事中や忙しい時に、休憩時間に簡単な気持ちで一括査定を登録すると大変な事になります。

外廻り営業で、携帯電話を使用している方は、特に注意です。

着信が多くて、携帯電話の電源が落ちちゃう位ですので、、、。

一括査定のお話に戻りますが、お休みの時に、手元に用意した車の情報を書いたメモを元に登録して下さい。

車を査定してもらう日にちですが、今日登録して、今日来てもらう予定を組むと、買取店も予定が組めずに、夜1社、翌日2社、来週1社等、
査定日時がバラバラになってしまい、高く売却する事が難しくなります。

出来れば、次のお休みに予定を開けておき、同じ日時で買取店を呼びましょう。

例○月○日の○時に来てください。他の買取店さんも同じ日時でお願いしていますので、来れない場合は、結構ですよ。

※なぜ買取店から電話やメールが一斉にあるのか?ですが、売却意思の有るお客様は、2~3社査定されて売却する方が多いからです。

のんびり電話していると、査定自体が5社目とかになり査定に行く頃には、もう売却された後になってしまいます。

一括査定サイトに情報料として払っている買取店としては、査定も出来ず、同じ土俵にすら乗れない事は避けたいからです。

4高く売却するポイント

買取店によって得意・不得意な車が有ると説明しましたが、買取店では、査定の後に、今査定している車と同じ条件の車を探して、買取価格を算出します。

同じ条件の車とは?同一車種・グレード・色・装備・走行距離・内外装の程度の同じ車を探します。

同時に、今現在中古車販売店で売られている車が有るか?

過去に、オートオークションで取引されていた情報が有るか?

過去に、自社で買取・下取りした情報が有るか?を見ています。

インターネットが普及している現在、各買取店は、自社の買取・下取り情報は別として、全国のオートオークションの過去取引情報を検索しています。

各買取店は、同じ車を査定して、同じ情報を見て、買取価格を算出します。

では、なぜ買取価格は買取店ごとに違うのか?【

2準備】の所でお話した事に繋がります。

買取る目的が違うからなんです。

話を、高く売却するポイントに戻しますが、通常買取店の営業マンは、他社の買取価格を聞いて、+○万円で買取りを行います。

例えば、他社5万円の査定の場合、6万円で買取りをしたり、他社200万円の場合、205万円で買取りをしたり、、、。

頑張ったアピールをして、お客様に喜んでもらい買取りをしています。

では、他社が凄く安い事を言っていたら?やっぱり同じ事をしているんです!!

買取相場が、100万円のお車の場合でも、、、下取りが50万円の場合、60万円で買取りしたり、

買取相場が、200万円のお車の場合でも、、、大げさに言えば、他社が100万円の場合、105万円で買取りしたり、、、。

最終的に、お客様の希望が、『少しでも高く売りたい!』ですから、他社よりも高く売却出来たので、喜んで頂いている事になります。

昔と違って、これだけ買取店が多くなっていますので、希なケースとは言えますが、今現在でも行っている事です。

重要なポイントを今からお話しますが、高く売却するには、、、

『他社の金額が分からない状況を作る』私もプロです。

他社が買取価格を幾らで考えているか分かりますし、お客様とお話をする機会が有れば、他社が幾ら提示したか聞き出せる自信があります。

なので、、、他社が幾ら提示しているか知らない方が良いのです。

では、どうすれば良いのか?!一括査定だから出来ることが有ります。

同じ日時で、多くの買取店を呼ぶ事です!!

なおかつ、同時に金額を提示させる事なんです!!

買取業界では、『一発提示』と呼んでいます。

※他の営業マンは、一発ヤらせてもらえなかったと時々言っていますが、下ネタでは無く、一発提示の事です。

話がそれましたが、買取店各社に、名刺の裏に提示金額を書いてもらって、一斉に提示してもらう事(一発提示)で、他社が幾ら提示するか分からない状況が出来ます。

そうすると買取店では、他社が幾ら位提示するかは予想出来るが、自分は、幾ら提示すれば買取りが出来るか考えます。

『高く提示しないと買えない』状況になります。

結果的に、他社の価格プラス○万円ではなく、自分の所で出せるめいいっぱいの価格が出るわけです。

買取店で価格の差が出るのは、先程お話した通り、買取る目的によって違っています。

業販目的では、相場より下の買取価格を提示しますし、中古車部門で販売したいと思えば、相場で買っても問題ないと考えます。

何社も査定をお願いするメリットは、一般の方では、買取店の形態が分からない事や、業販か店頭販売目的かは、買取店の判断になるので、
最終的には、みんな呼んじゃいましょうと言う事になります。

5買取価格の内訳基本的には、お客様のお手元に残る金額です。

本体価格・自動車税の未経過分・自賠責の未経過分、消費税等の保険料相当額・税金の相当額が含まれます。

車検の満了日が近いお車の場合は、一時抹消登録をする場合がありますが、自動車税の未経過分が戻ってくるかは、買取店によって違います。

契約の前には、ご確認下さい。

↓無料の車査定はここから!

No Comments Categories: 未分類

私が起こした自動車事故について

大なり小なり、自動車事故の加害者や被害者になってしまった方というのは、思っている以上に多くいらっしゃるのではないかと感じます。誰しも加害者にも被害者にもなりたくないですよね。

私は車に乗って毎日営業をしているので、かなり注意をして過ごしているつもりです。おかげで社会人になってから、交通事故を起こしたことはありません。それには過去に自分が起こしてしまった交通事故の経験があり、用心深くなっているからだと思います。

学生時代、3台の玉突き事故を起こしてしまいました。私の車は廃車になり、前の車、その前の車もかなり損傷しました。自分もケガをしたのですが、前の車二台に乗車していた方3名の方にもケガを負わせてしまいました。幸い、命に関わるようなケガではなかったのですが、仕事や生活にも支障をきたすケガでしたので、本当に迷惑をかけてしまったと後悔しています。そしてやはり自分自身かなり怖い思いをしたし、忘れることはない経験です。

2016-07-10_163210

事故の原因は簡単に言うと私の居眠り運転です。ほんの一瞬うつらうつらした瞬間、目を開けたら事故が起こっていました。その日は前日まで弾丸旅行に行っていたのもあり、疲れがかなり溜まっていました。本来であれば運転は避けるべきだったと思います。

自分の気の緩み、一瞬の不注意でたくさんの方に迷惑をかけました。被害者の方、被害者の家族の方、事故を起こしたと聞いて仕事を早退して駆けつけてくれた自分の親、、、本当に反省しました。
あの時の経験があってこそ、今でも「絶対に絶対に事故を起こさないんだ!」という強い気持ちで、細心の注意を払い、さらに体調不良の際には運転はしないなどのリスクマネジメントができています。

皆さんも車の運転には今後も注意してくださいね。

↓無料の車査定はここから!

No Comments Categories: 未分類

軽自動車の危険性

2016-06-21_102411

現在、日本では軽自動車ブームと言われるほど、軽自動車が売れています。これは昔のように高級車がステータスになる時代が終わり、価値観が多様化する中で、軽自動車の性能が向上し、普通車と変わらないレベルまで来ていることが要因と考えられます。また、軽自動車の維持費が普通車に比べて圧倒的に安いことも寄与しているでしょう。この流れは、トヨタがダイハツを完全子会社化したり、日産が三菱自動車工業を傘下に収めるなど、自動車メーカーの戦略にも表れています。

ただ、私が懸念しているのは、このように軽自動車が増える中、トラックや普通車との事故が起こり、軽自動車の乗員が犠牲になる事故が増えてきていることです。軽自動車に試乗するればわかりますが、排気量が660CCに制限されているため積載量を増やすためにバン構造にし、また燃費をよくするために車重を軽くしています。バン構造はボンネットがないため、衝突すると前方の座席はかなりのダメージを受けます。また車重が軽いということは、そこで衝撃を吸収できないことを意味します。残念ながら、スペース優先のため、現在の軽自動車はほとんど同じようなスタイルです。

私は普通車に乗っていますが、軽自動車を見かける度に、もし事故になったらどうするのだろうと考えずにはいられません。普通車の運転手も嫌な思いをするだろうし、軽自動車の方もそうでしょう。明確な判例はありませんが、自ら軽自動車を選択している場合、裁判でも不利な立場に立たさせるでしょう。完全な自動運転社会が到来するまで、この問題を解決するのは難しそうです。

↓無料の車査定はここから!

No Comments Categories: 未分類