月別: 2017年5月

患者数が増加している前立腺癌の主な症状と治療法について

前立腺は男性特有の生殖器で膀胱の真下にあり、主な働きとしては前立腺液の分泌で精嚢から分泌された精嚢液を精巣で作られた精子と混ぜることで精液を作る他に、尿の排泄機能なども担っています。この前立腺に関してですが日本では高齢化に伴って前立腺癌と診断される患者の数は増加しているのです。

前立腺癌は初期の状態だと自覚症状も無く、見付かるきっかけとしては健康診断やがん検診で行われているPSA検査であることが多いです。しかし、PSA検査を受ける機会がなく初期の状態から癌が大きくなると、尿道が圧迫されることで尿の出が悪くなる排尿障害や残尿感といった症状が現れます。更に癌が膀胱や尿道まで広がると尿や精液に血が混じることがあります。

前立腺を早期発見する手段としてはPSA検査が最も有効的で基準値より高く検査結果が出た場合には、直腸診・MRI検査・超音波検査といった精密検査が行われます。そして、精密検査によって前立腺癌であることが疑われる場合には前立腺の組織を針生検にて採取して前立腺癌の有無を確定診断させます。

前立腺癌の主な治療法には手術療法・放射線療法・ホルモン療法の3種類があり、前立腺癌の進行具合や癌の悪性度・患者の年齢や体力等が総合的に判断されて治療法が決まります。手術療法は主に年齢が若く癌の転移の無い患者に実施されることが多く、根治を目指して前立腺全摘出を行うことで癌を全て全て取り除きます。

そして、前立腺を全て取り除いたとしても生殖機能に影響はありません。次に放射線療法に関しては癌が精嚢以外の他の臓器に浸潤が無い全ての患者に有効な治療法で、体外から放射線を照射する外部照射と、前立腺に直接放射線の出る小さな粒状の容器を埋め込む小線源療法の2種類が挙げられます。そして最後にホルモン療法となりますが、ホルモン療法は前立腺癌の成長に関係している男性ホルモンの産生を抑える治療法で、精巣を手術で摘出する方法の他に注射剤を定期的に用いることで科学的に去勢された状態を作り出す方法があります。

No Comments Categories: 未分類

車の未来

あなたが乗っている車は購入して何年が経ちますか。また、あなたは一度車を買うと何年くらい乗りますか?人によってそれらはさまざまでしょうが大体の人はぼろぼろの中古車でもない限り一度車を購入すれば5年から10年はその車に乗るのではないでしょうか。では、あなたが乗っている車はあと何年くらい乗る予定ですか。もし5年から10年前後乗るつもりなら、あなたが今度車を買い替える時は車は劇的に進化しているかもしれません。

日々進化していく車

車は日々進化しています。例えば前方後方についたセンサー。車が障害物に近づくとピピッと音で知らせてくれます。そしてバックモニター。ギアをバックに入れた途端ナビの画面がなんとも便利に後ろを映してくれます。これができて駐車は劇的に簡単になりました。そして圧倒的な燃費の向上。古い車に乗っていた人なら車を買い替えたらガソリン代が半分になったという人も多いのではないでしょうか。

今から5年後10年後の車の未来、自動運転車

2020年にはオリンピックが開催されます。それが理由というだけではないですが、政府は2020年までに自動運転車をある程度導入できるように方針付けました。各自動車メーカーも着々と自動運転車の開発を行っています。自動運転車というととても未来のことのように聞こえますが、意外と近い未来かもしれません。なぜなら自動ブレーキをはじめ自動運転に必要な技術は今の段階でもおおよそ完成しています。ですのであとは実際に投入するにあたっての法的な問題や実際に投入することでわかる安全性やその他の問題の調整が大きな課題です。そして政府が自動運転車に本格的に腰を上げたのです。これは自動運転車も遠い未来ではないと考えられるでしょう。今から5年10年間は自動運転車が非常に注目です。

車の未来、電気自動車

電気自動車も注目されています。電気自動車自体の性能も上がっていますし、充電できる場所もガソリンスタンドほどではないにせよ増えてきています。やはりインフラが充実することは電気自動車の普及にとっては重要です。大型ショッピングモールをはじめ充電設備がどんどん導入されています。最近では郊外のコンビニなどでも駐車場が比較的広い場所なら充電設備がついています。また電気自動車は家庭で充電できるのも大きな点です。家に帰ってきて充電しておけば、従来のガソリン車のように給油を気にすることがありません。家から出かけるときは常にエネルギー万タンというのも日常になるでしょう。

No Comments Categories: クルマ