女だって車が好き!過去に乗っていたチェロキーは最高でした

2016-07-21_110130

男兄弟がいたせいもあって、子供のころから車が大好きでした。スーパーカーブームの時は、男の子さながらにブロマイドを集め、「かっこいいなあ」と、その車のフォルムの美しさに感嘆したものでした。

大人になってからも車を眺めるのは大好きで、目の前に好みの車が走るとすぐ調べたりしていました。免許が取れる年齢になってから自分で運転するようになりましたが、運転するより、眺めている方が好きだということに気が付きました。はっきり言って車の運転は苦ではありませんが、とても疲れます。いい車は自分で運転するより乗せてもらう方が断然いいです。

大学生の時、付き合っていた人がポルシェに乗っていましたが、まさに理想の車でした。日本車にはない独特な車体。これを個性と呼ばずしてなんと呼ぼうか。車は乗っている人の人となりを表します。車は、その人の個性であり、センスです。その彼とは、縁がなくお別れしてしまいましたが、今もいい印象しか残っていませんし、今もってポルシェは1番大好きな車です。

2016-07-21_110232

結婚し、共稼ぎだったので経済的に少し余裕ができたので、夫と相談し、4WDのチェロキーを購入しました。この車は実に素直で乗りやすい車でした。最初に買った車がこの車でよかったと本当に思います。アメリカの車だけあって緻密な日本車と違い、大雑把なところはありますがそれがこの車の個性であり良さでもありました。この車で、スキーやキャンプにいろいろなところに行きました。楽しい思い出ばかりです。

ただ、悲しいかなチェロキーは燃費が悪く、自動車税も高かったので、6年目でメルセデスベンツのSLKに乗り換えました。オープンカーに乗ってみたかったからですが、この車は、あまり好みの車ではありませんでした。2シーターはやはり不便ですし、乗りやすい車とは言えない車でした。結局、2人しか乗れないのがネックになってこの車も6年乗って手放しました。

今は国産車(ハリアー)に乗っています。乗りやすく、かゆいところに手が届くというのが国産車の特徴ですが、はっきり言って所有している楽しみがありません。売ってしまって、もう一度輸入車に乗りたいなと考えている今日この頃です。とはいえ、こんなご時世なので車にばかりお金をかけられないので、当分はこの車で我慢するつもりです。

↓無料の車査定はここから!

No Comments Categories: クルマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です